旅行前日の夕方

「僕は旅行の前の日の夕方、下駄をはいて、かるい散歩をするのが好きだ。角の薬やなんぞで汽車酔いのクスリなんか買って帰ってくる。ふりむくと夕焼けに連山の美しいのが見えるのだがふりむかない。確かめたくなるような美しさ」・・『寺山修司からの手紙』山田太一編(岩波書店) 僕は、明日から旅行です。 夕方、のど飴を買いに行きました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蔡元培氏

先週、京都で中国近代史の講演(清水稔佛教大学名誉教授)を聴いた。タイトルは“《新文化運動》における「民主と科学」と「儒教」”、興味深く勉強させていただいた。 講演タイトルにある《新文化運動》の時代は、高校世界史の教科書的には、1915年から陳独秀らが刊行した雑誌『新青年』における儒教道徳批判、「文学革命」(胡適による白話文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

砂時計

父の家に砂時計があった。 砂の落ちる道が非常に狭く、最初はいつまでも上の砂が変わらずに見える。 砂がなくなったことに気づくのはおしまいの頃だ。 それまでは誰もほとんど気にしない、最後の頃まで。 時間が過ぎて気がついた時はすでに終わってしまっている。 (映画『ベニスに死す』監督ヴィスコンティ、原作トーマス・マン)より 昨日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

午後の紅茶

本日の午後の紅茶は「セイロンティー」、次男が昨夏にスリランカに行った時のお土産。きれいな木箱に入っているだけでおいしくなります。 「セイロン」は旧国名で他称(エクソニム(exonym)=外名」、1972年に改名した「スリランカ」は自称(内名)だそうです。 エクソニムといえば、初場所で優勝した栃ノ心(かっこいい)は「ジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冷凍保存

先週末、雪が積もったので、大阪から孫が遊びに来た。 外に出たら余りの寒さで冷凍状態、固まった。 家に戻って解凍したら動き出した。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」

京都国立近代美術館「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」を見た。 初日なのに、混雑もなくゆっくりとみることができた。 ゴッホの絵と浮世絵を見た後、美術館を出たら京都(日本)が美しくみえた。 振り返って、美術館前の看板を見たら「Gog・」が「Google」にみえた(笑)。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遠くのものが小さく見えるのは?

質問「遠くのものが小さく見えるのはどうして?」 ボク「遠くのものが近くのものと同じ大きさだったら、離れている二人はいつまでも近づくことができないよ。」 質問「だから遠くのものが小さく見えるの?」 ボク「そうだよ。人と近づきたいという心が遠くのものを小さく見せているんだ。」 質問「遠くのものが小さく見えていない人はいるの?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

センター試験「地理B」、ムーミンの出題について

 ムーミンの問題がセンター試験の地理Bに出題されて話題になっているが、この問題、長年センターの地理B受験生を教えてきた私は「良問である」と思います。  この問題は、ムーミン→フィンランドを知らなくても正答できます。もう一つのアニメ「小さなバイキングビッケ」がノルウェーであることがわかれば消去法でムーミン→フィンランドとなる問題です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近代

「近代ってのは要するに否定性において自らを正当化する地上の体制を作った・・」丹生谷貴志氏(『中島らも列伝』鈴木創士、対談より) この否定性は近代人である私の中にも確かにある。 私の中のこの否定性と闘うことが今求められているのだ。 ところで、この否定性の起源はどこにあるのだろうか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

具体的に!

物事を抽象的に考える時,その人は人間であることをやめているのです。           『学生との対話』小林秀雄(新潮社) 具体的なことを具体的なことばで考える。 それが「生きる」ということなのだろう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GWに心にとまったもの・・2つ

本を読んで・・心にとまったひとこと 人が君を本当にわかってくれるのは,君が無私になる時です。君が無私になったら,人は君の言うことを聞いてくれます。その時に,君は現れるのです。(『学生との対話』小林秀雄(新潮社)より) たくさんの花が咲いていて・・心にとまった花 ハンカチの木
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

交話的なメッセージ

「とうとう着いたね」「着いたわね」 「いい景色だね」「ほんと,いい景色」 「気持ちいいね」「ええ,すごくいい気持ち」 一番愛し合い,一番必要としている人たちの会話では,交話的なメッセージが主体となるのです。(ヤコブソン)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more